So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

映画「うちの執事が言うことには」 [映画]

ショッピングモールをぶらぶらしていて、なんとな〜く、チケットを買ってしまったのが「うちの執事が言うことには」。

キーワードは「執事」。
ポスターは若い男の子ばかりだったから、カズオイシグロ「日の名残り」のような執事の物語を期待したわけではなかったが、ミステリー小説が原作となっているらしいし、和製の執事がどんな風に描かれているのか見たくなった。

で、見始めると、これは軽〜くみられる少女漫画テイストの映画。
劇中で起こる事件も殺人未満で、「血まみれの惨劇」や「大がかりなトリック」、社会の歪みや人間性の悲劇などとは無縁である。

名門烏丸家の若き当主と、同じく若き執事が、事件を解決する中で互いの信頼を築き、その他の使用人や友人との絆を深めて行くと言う、なかなか「いい話」なのだった。

見ているうちに「あれ〜?、どこかでこういうの、見たかも」という思いがどんどんふくらむ。

そして、気がついた。
これは、昔テレビでやっていた時代劇にそっくりな展開なのだ。

例えば、どこかの旗本が隠居して、若様が家督を継ぐ。まだ若く、未熟な若様。大抵は「わか」などと呼ばれる。そして、その家には忠実な家老がいて、「わか」をお助けするのである。

「わか」の方は、うるさがって反抗しつつも、家老の愛情は信じているから、何かと頼りにする。家老が老人の場合は「じい」と呼ぶが、この映画では「じい」ではなく、ハンサムな若者である。

さらに、この旗本家にはご家中の「侍」、お供の「中間」、植木の手入れをする「庭師」、料理や掃除をする「奥女中」、その見習いの「小女」などがいる。

彼らは運命共同体であって、お家の安泰のためなら命も捨てる覚悟だが、そこに単なる職業意識以上の「情」が絡んで、皆が若様をこよなく愛しており、若様の方も「家中」を命がけで守ろうとする。その自覚によって「名君」に育って行くのである。

そのような人間関係が、本当に江戸時代にあったかどうかは、私はわからない。
ただ、テレビの時代劇では、こうした物語が繰り返し描かれ続けてきて、ずっと人気を博してきたのである。

「うちの執事が言うことには」で描かれるのは、西洋風のお屋敷での生活、主人と執事、家政婦、運転手など英国風の人間関係だが、これは和風を洋風に置き換えただけで、そこに流れる感情は、「大岡越前」「遠山の金さん」などと全く同質のものなのだ。

それを踏まえて考えると、この映画は、日本中、老若男女、誰でも楽しめる作品と断言できる。それは、すでにかなり昔から、小説、テレビ等で実証済みだからだ。

最後まで見たら主演と助演がジャニーズの子で、これは多分にファンサービスの要素たっぷりの作品であるらしい。最後までそれに気がつかない私って、そして、この映画を見て大岡越前などを連想している私って、かなり時代遅れなのかもしれない。

なんだか、ショック・・・





nice!(1)  コメント(0) 

女には向かない職業 P.D.ジェイムズ [本]

この間、綾辻行人「水車館の殺人」の感想で、この作品のトリックに感嘆しながらも、

たった一つの不満は、館の主人のうら若き妻の描写だ。震えたり、怯えたり、倒れたり。1980年代の女としてはありえない、古いタイプの女性。まるで「塔の中に閉じ込められた姫君」だ。


と書いた。そして、「私の好みではない」とも。

確かにね、私だって、目の前で「人が殺される」「バラバラ死体」「燃える死体」などという惨劇が繰り返されたら、震えたり、怯えたり、気絶して倒れたりするかもしれない(いや、気絶はしないかも)。それでも、建前としては、どんな時にも自分を見失わない強さのある女でいたい、などと思うのだ。

それでこの小説を思い出した。


女には向かない職業 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

女には向かない職業 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 作者: P.D.ジェイムズ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1987/09/01
  • メディア: 文庫



主人公のコーデリア・グレイは、22歳。探偵事務所の共同経営者となって数ヶ月で所長のバーティが自殺したため、一人で探偵事務所を回して行くことになる。

その最初の事件は、息子の自殺の理由を調べて欲しいというもの。コーデリアは、マークの自殺前の生活を探りに、ケンブリッジ大学へ赴く。

一人の若者の生活を探る中で、彼の恋愛関係について聞き込みをしたり、部屋に落ちていたポルノチックな写真をつまみ上げたり、彼の性癖について考察したり、探偵がやるべきことを淡々とこなしていくコーデリア。

生まれて間もなく母が亡くなったことや、修道院で育ったこと、父とその仲間がコミュニストで、そのグループの小間使いのような役割を担わされて大学に行けなかったこと。そんな生い立ちのせいか、コーデリアの言動は冷静で、誰に対しても馴れ合うことなく、どこか乾いている。

何者かに古井戸に落とされる場面は、この小説のクライマックス。
泣くことも叫ぶこともせず、ひたすらに冷たい井戸の壁に足がかりを探し、自分の力で這い上がって行く。(「リング」の貞子みたい〜、などと言う冗談は、この際KYの極みである。)

この場面のコーデリアの健気さ、ひたむきさが、コーデリア・グレイをミステリー界有数のヒロインにし、「女には向かない職業」を古典にしたと言えるだろう。

文庫の解説の瀬戸川猛資氏は、「コーデリア」と言うシェイクスピアの物語に登場する名前と相まって、この場面を「塔の中に幽閉された姫君の図」と呼び賞賛している。

同じ「塔の中に閉じ込められた姫君」であるなら、私は断然コーデリアが好きなのである。若く美しく可憐なヒロインが、過酷な状況に陥れられても自分の身体と頭脳でひたむきにその状況に立ち向かって行く。怯えたり、気絶している場合じゃないのだ。

コーデリアがたった一度、感情を爆発させ泣きじゃくる場面は、だからこそ、彼女を抱きしめたいくらい感情移入させられてしまう。

題名の「女には向かない職業」のわけは、人間の卑猥さを目の当たりにすることや、このような身体的な過酷さすら乗り越えたコーデリアが、犯人と対峙したときに起こす感情の流れにあるような気がする。

1972年の作品。


nice!(4)  コメント(0) 

葵祭 [旅]

5月15日、京都は葵祭である。
たまたま関西にいるのだから、祭り見物をしないわけにはいかない。

というわけで、葵祭に出かけていった。
当日は朝から晴天。絶好の祭日和である。

葵祭は、平安時代の「賀茂祭」を現代に再現したもので、関連した様々な儀式があるが、中でも平安時代さながらの斎王の行列は見逃せない。下鴨神社の南側、糺ノ森の脇で行列を待つことにした。

最初に、騎馬の武官が幾人も続く。
騎馬の人も、お供の人も、冠に「双葉葵」を飾っている。それが葵祭の恒例。

IMG_0151.jpg

装束の色や持ち物などで、その人の身分がわかる人にはわかるのだろうけれど、私は勉強不足でわからない。平安時代の人なら、すぐに官位まで言い当てたのだろうけれど。

在原業平や光源氏もこのような装束だったのだろう。少しトキメキを感じてしまう。

IMG_0099.jpg

華やかな牛車の一行が近づいてくる。
子供もいて、大変可愛らしい。(長い距離を歩くのだから、疲れただろうね。)

IMG_0122.jpg

牛車って、想像以上に大きい。
こんな牛車で「車争い」なんて、平安時代も結構ワイルドだったのだ。

牛車の車輪は木製。ギイギイと独特の音をさせながら通り過ぎて行く。平安時代は舗装された道ではないから、すごく揺れただろうし、轍にはまって動けなくなることもあっただろうね。

牛車は2台通ったが、2台とも、後に「替え」の牛を一頭、従えていた。
後ろの外国人が、「スペア」と言ったのが面白かった。

IMG_0204.jpg

女性の装束には、特に注目してしまう。
この姿で、スタスタと案外軽やかに歩いて行くのだから、私だったら後で筋肉痛になりそう。

IMG_0166.jpg

斎王代の一行が近づく。

IMG_0168.jpg

IMG_0171.jpg

賀茂斎王に任命された皇室の娘が、皇居を出発して賀茂神社へ向かう行列である。現代では斎王代が輿に乗っている。斎王代は支度金が莫大なものになるため、大きな会社の社長の娘さんなどが選ばれるそうだ。今年も京都の老舗の娘さんが選ばれたとニュースで見た。大変名誉なことなのだろう。

歌も鳴物もなく、静々と近づいて、静々と過ぎて行く。雅なお祭りだった。

***

河合神社の境内に、双葉葵の鉢植えがたくさん並んでいた。
花をつけていたので、写真を撮ってみた。

IMG_0206.jpg






タグ:京都 葵祭
nice!(7)  コメント(0) 
前の3件 | -